FX取引を行う時には信頼出来る業者を利用する

ssd8df8 お金が儲かる事で多くの人を集める事ができる取引や契約等では、どんな事でもそのルールを上手く利用して法の裏をかいくぐるように顧客に損害を与えながらも、自分達は密かに利益を得るという業者が存在するものです。そういった業者は一般的に「悪徳業者」や「悪質業者」と呼ばれます。

このような業者は今では爆発的な人気を得ているFX業者でも多数存在していたようです。ただその数は、2005年の法律の改正により取り締まりが強化された事で多くのその類の業者は撤退をしていった為に激減をしているが、それでもそういった状況でも僅かながら生き残る業者が存在しているようです。

私達はFXを始める時には少しでも条件の良い環境で取引をしたいと考えるものです。それでも大手業者、ハイロー・オーストラリアなどに比べて少しでも有利な条件となっている業者には注意が必要と言えます。また反対に大手の業者に比べてサービスが煩雑となっているケースもあるので、業者の見分けの参考になると思いますが、具体的な要注意業者を上げてみるならば、下記のようになります。

●電話を利用して取引を促すような行為をしたり、直接自宅等に訪問をしてくる業者

本来直接業者が顧客に対して電話を掛けて営業行為を行う事を法律で禁止しています。それに加えて自宅等の直接訪問をする事などは論外と言えるでしょう。こうした行為を行う業者は悪徳業者として確定しても良いでしょう。

●FX取引はリスクを伴うという事についての注意喚起をしない業者

リスクを伴う取引であるという事はFX業者はなるべくならば避けたい事ではありますが、顧客を保護する為にも注意喚起をきちんと行う業者の方がより信頼がおけると言えるでしょう。こういった「臭いものに蓋をする」という感覚を持っている業者との取引は要注意いと言えます。それに加えて儲かる事を前面に押し出す業者も要注意と言えます。悪徳・悪質な業者である可能性が高いです。

●レバレッジを上げる事のリスクを説明しない業者

FX取引にはレバレッジを上げる事によって少ない証拠金でも大きな取引が出来るという最大のメリットを利用する事ができます。しかしながら、メリットはそれに反したデメリットも存在するという相反した関係があるのです。顧客に対してレバレッジの魅力を宣伝するだけでなく、顧客が資力の限界近くまでレバレッジを上げる事の危険性を説明しない業者も要注意と言えます。増してやレバレッジを上げる事を煽る業者等は悪徳業者としか言いようのない業者です。レバレッジを大きくする事で業者は儲かる事になるので、そんな業者には注意が必要です。

●証拠金の出金を敬遠したがる業者

FX業者は多くの顧客に口座を開設し、その口座に証拠金を少しでも多く長い期間預けて欲しいと思うものです。その理由とは口座管理の手数料を取っている業者は勿論ですが、口座を無料で維持出来る業者であっても、投資の資金が口座にある事で顧客がいつでも取引を行う事ができるという事があります。

FX業者とは顧客が取引を行う際に発生する手数料により利益を得ているのが現状である為に、口座からの出金を嫌い出金になかなか応じない業者もあるようです。そんな悪質な業者に関わらないように注意をする必要があります。

●24時間対応をしない業者を選ばない

どんな良心的な営業をしている業者であるとしても、やはり利用をし難い業者の利用は避けるべきと言えます。24時間対応はFX業者では常識と言えます。

●信託保全のある業者を選択する

FX業者は大きなお金を動かす企業ではありますが、やはり大手のFX会社に人気が集中している現状から、FX会社でも倒産をする可能性があります。その時に大きな金額を証拠金として預けている事で、倒産により損害を受ける可能性もあるので、そんな時には損害金を保障している信託保全を行っている業者を選択する必要があります。