投資:知っておくべき税金の仕組

 投資で得た利益は課税の対象となります。
ここでは、そんな投資と税金の関係について簡単にご説明していきましょう。

では、実際に「どのような投資でどのような税がかかるのか」について、例を挙げて見ていきたいと思います。

バイナリーオプションやFX投資をして利益が出た場合は「確定申告」が必要です。年に1回、自ら投資の損益を計算し、それに応じた税金を支払うようにして下さい。

一方、株式投資に関しては、どのタイプの口座を利用するかによって税の支払い方が変わってきます。
株の口座には、源泉徴収アリの特定口座、源泉徴収ナシの特定口座、そして一般口座の3タイプが存在し、どのタイプを利用するかにより税の支払い方が変わるのです。
このうち一番便利なのは「源泉徴収ありの特定口座」でしょう。これを選んでおけば(利益が出た段階で証券会社が税金分を引いてくれるため)、売買・配当などで得た利益に関して自ら確定申告をする必要がなくなります。
ただ、源泉徴収ナシおよび一般口座を選択した場合は、利益に応じで確定申告することを忘れずに!

とはいえ、確定申告の義務は常に発生するとは限りません。
というのも、税金の支払い義務は「年間の給与が2,000万円以下のサラリーマンの場合、年間の投資利益が20万円を超えたときのみ」などというように、投資で得た利益が一定額以上になってはじめて生じるものだからです。

つまり、利益が20万円を下回る場合は、源泉徴収ナシの口座や一般口座を利用していても、自ら確定申告をする義務はないということ。もちろん税金を支払う必要もありません。

なお、年の給与が2,000万円以上である、または無職である場合などは、こうした条件がまた細かく変わってくるため注意が必要。ご自身の状況と投資で得た利益状況を正しく把握するようにして下さい。

【証券口座のイロイロ】

上記でも少し触れた通り、投資用の証券口座には、一般口座・源泉徴収「あり」と「なし」の特定口座が存在。加えて2014年からはNISA(少額投資非課税制度)口座という新しいタイプの口座も登場しています。

●NISAについて

最後に「NISA」口座について簡単にご説明したいと思います。
CMなどで耳にする機会が増えたNISA ですが、よく知らないという方もまだ多いのではないでしょうか。

NISAとは、株式などで得た利益に対してかけられる20%の課税を、上限・期限つきで非課税とする制度のこと。イギリスで始まったISAを参考に日本でつくられた制度であり「NIHON版ISA」で「NISA」と名付けられました。

ちなみにこの制度は、通常の口座では利用できません。
NISAの適応を受けるには(利益を非課税にするには)NISA専用口座の用意が必要です。また、NISA口座は1人につき1口座しか開設することができず、簡単に利用する証券会社を変えることもできないため、信頼できる業者を選んで開設するようにしましょう。


この通り、口座には異なる特徴を持った複数のタイプがあります。
ぜひ口座を開設する際には、上記等を参考に各タイプの特徴を把握し、自分に合うタイプの口座をしっかり選ぶようにして下さい。